みんなのデータサイト みんなのデータサイト土壌プロジェクト

コンセプト

 

みんなのデータサイトは、3つの大切な要素でできています。 
「測定室」なくして測定はできず、「ユーザー」があって測定ができ、その結果「(測定)データ」が保存(アーカイブ)され、
より厚みのあるデータになるという3要素により、サイクルが構成されています。
また、「(測定)データ」を「システム(サイト)」を通して誰にとっても見やすい形で提供することにより、
データ活用してくださる「ユーザー」が増えるというサイクルにもなります。

測定を行なう「測定室」にも様々な形態、目的があります。
また、測定室やデータサイトを利用してくださる「ユーザー」
(一般の方から研究者まで、または検体提供者からたまたまサイトをご覧頂いた皆様まで)
においても、求めるものや立場が幅広く、ニーズや考え方、データの活用方法などについて多様なバリエーションがあると考えます。

そのため、みんなのデータサイトでは、「データ」は客観的なデータとしてアーカイブをし、一般の方から研究者まで幅広く、
必要に応じたレベルで利用できるよう留意しています。
データサイトは、この3つの要素が少しずつ重なり、その中心にそれぞれをつなぐ「システム(サイト)」があるというコンセプトに
基づいて運営をしています。